[ Monologue | WideShow | NetShopping | TEXT ART | Profile ]
[ Weekly kyota.com | SOHO| easy mobile| Link| Bull ]

Monologue

    1999.3.15
    ◇ Sensorium(センソリウム)
    http://www.sensorium.org/index-j.html

    インターネット上には、さまざまなデータが点在しています。その まま見ているだけでは単なる数字の羅列でも、それを分析すること によって、私達は有益な情報を得ることができます。でも、データ そのものを、ビジュアライズして見ることで、感覚的に私達にデー タの存在を訴えてくるサイトを見つけました。それが、「Sensorium (センソリウム)」というプロジェクト。そこではさまざまなデー タを元に、地球が生きているということや、宇宙の広大さなどを、 肌で感じさせてくれるサイトのです。

    ◇Breathing Earth
    http://www.sensorium.org/breathingearth/index-j.html
    これは、地球上で発生した過去14日間分の地震を、およそ2日間/sec のアニメーションにビジュアライズしたもの。地震があった箇所は ボコッと飛び出して見えます。時間の経過に従って動くから、まる で地球が生きているようにも見えます。

    ◇STAR Place
    http://www.sensorium.org/starplace/index-j.html
    地球が太陽のまわりを回る速度というのは 1秒間に30km弱なのだと か。そういわれてもどうもピンと来ませんね。でも「あなたがこの ページに来てから、地球は太陽のまわりを80km進みました」といわ れると、そのスピードを感じ、宇宙の大きさに思いをはせてしまい ます。

    味気ない観測データも、こうすることで人に伝わりやすくなる。単 なる数字の羅列から、地球の大きさや動いている様子を、体感でき るようになる。それもリアルタイムに。インターネットやパソコン を通じて、人に感動を与える一例として、興味深く見入ってしまい ました。へたに解析なんかするより、面白いですねー。

    まけ。 ぴかちゅうの巨大な目覚まし時計に起こされる毎日。いとかなし。

独り言TOPへ